黒染めってリスクありますよって話

こんにちは!
8月からポルトに異動しました!

老けた23歳スタイリストの下村です。
今回のお題はずばり
《黒染め》


これです。
気分で黒くしたい時もあるのですが

オススメできないのです。
黒染めといっても市販の黒染めが

ダメなのです。
一生黒でいい!っていうぐらいの

覚悟があれば大丈夫なのですが、

そうはいかないケースが多いのです。。。
詳しくメリット、デメリットを

まとめてみましょう。

市販黒染めのメリット

低コスト

すごい黒い
これぐらいですかね。
市販黒染めのデメリット

塗布ムラができる

次回のカラーで明るくなりずらいし

ブリーチしても赤の染料が残る

ダメージがすごい
つまり悪いことだらけなのです。

なるべく黒染めしたい時は相談してくださいね!
もっと伝えたいことが多いので、

続きは次のブログか僕らに聞いてみてくださいね!

マメ知識パート8!!!!!!!!

 

ブログではお久ぶりです!!小泉です☆

今日も久ぶりにマメ知識をお伝えしようと思います。今日は気になる方が多いと思いますが‘‘白髪’’について少しお伝えしようと思います。

 

はじめて白髪を見つけたときのショックは大きいですよね。白髪というと、ある程度の年齢になったら生えてくるイメージですが、若いうちから生えるケースも実はあります。白髪が増えると老けた印象になり、こまめにヘアカラーをする必要も……。「でも、白髪って改善できるの?」と思っていませんか? 結論から言うと、食べ物などによる白髪改善効果は期待できます。女性の命とも言える髪を美しく保つためにも、今から白髪対策を行いましょう。

・白髪が発生する理由・仕組み

白髪改善の前に、白髪が発生する理由・仕組みを理解しておきましょう。
まず、髪に色をつける役割を持つメラノサイトや、メラニン色素が正常に働かないと白髪になります。通常、髪の根元にあるメラノサイトでメラニン色素が作られ、髪に色がつきます。しかし、紫外線などによるダメージが原因で、メラノサイトやメラニン色素が正常に働かないと、髪に色がつかず白髪に……。
つまり、髪に色をつけるメラノサイトやメラニン色素が白髪を生み出すか否かのカギを握っているというわけです。

 

・白髪になる主な原因・悪習慣とは?

 

白髪になる原因には、上記で触れた紫外線の他、栄養の偏りや睡眠不足などもあります。白髪を改善するためにも、これらを把握して気を付けていきましょう。

 

(1)栄養の偏り・栄養不足

外食に偏ったり、無理なダイエットで、ビタミンやミネラルといった栄養が足りていないと、髪に色をつけるメラニン色素の原料不足などが起きて、白髪を招きやすくなります。

(2)紫外線の浴びすぎ

紫外線は、肌にシミやしわを作るだけではなく、髪に色をつける細胞のメラノサイトにダメージを与えて、白髪の原因になります。他にも紫外線は、髪の傷み、パサつき、乾燥の原因になることもあります。

(3)睡眠不足

睡眠はしっかり取れていますか? 睡眠不足は、生命維持に欠かせない自律神経のバランスを乱します。自律神経には髪に栄養を運ぶ役割もあるので、バランスが乱れると、髪の栄養不足から白髪の原因になります。

3つの白髪の原因・悪習慣を紹介してきましたが、他にも、シャンプーのしすぎ、免疫力の低下、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、喫煙、運動不足、遺伝、加齢なども原因として考えられます。

 

 

・白髪を予防・改善する食べ物

白髪予防・改善に効果的な食べ物を普段の食生活に取り入れていきましょう。積み重ねが大切なので、毎日欠かさずバランス良く食べていきましょう。

 

(1)メラノサイトを活性化する栄養素ヨードを摂る。

ミネラルの一種・ヨードは、ワカメや海苔をはじめとした海藻類に多く含まれます。ヨードを摂るとメラノサイトの働きが活性化して、髪の色になるメラニン色素が作られやすくなります。ただ注意点はヨードの過剰摂取で、甲状腺の機能低下を招く可能性があります。食べすぎには気をつけましょう。

(2)メラニンの原料となるチロシンを摂る。

アミノ酸であるチロシンはメラニン色素の原料で、チーズ、納豆、豆腐、バナナに多く含まれます。特に、納豆や豆腐はチロシンの働きを良くする銅ミネラルも含まれるので、おすすめの食べ物です。ヨードもそうですが、過剰摂取は健康を害する可能性があるため、適量の摂取を。

 

(3)酵素を摂ろる。

生野菜、味噌や麹などの発酵食品にも含まれる酵素は、髪に色をつけるサポート効果が期待できます。もともと、私達の体に酵素は備わっていますが、加齢、ストレス、睡眠不足などで減少するので、積極的に補いたいところ。白髪改善以外にもダイエット効果、美肌効果、生活習慣病予防なども期待できますよ!

 

 

・白髪を改善するためにライフスタイルでおこなうべきこと

白髪を改善するためには、以下の6つが大切です。できる範囲で、今日から実践していくことをおすすめします。

(1)紫外線対策をする

天気に関係なく、一年中降り注ぐ紫外線から髪を守るために、外出する際は帽子、日傘、スプレータイプの日焼け止め(ヘア用)、飲む日焼け止めなどを活用すると良いでしょう。特に、5~8月は紫外線量が多くなるので、万全な対策を!

(2)白髪は抜かずにカットしたほうが良い

白髪を抜くと増えるということはないようですが、繰り返し抜いていると、毛根にダメージが加わって、毛が生えてこなくなる可能性が……。そのため、抜かずに根元から丁寧にカットしてくださいね。

(3)睡眠をしっかりとる

細胞修復にも関与する睡眠は、メラノサイトを正常に働かせる上で欠かせません。就寝前のパソコンやスマホなど目を覚ます習慣は断ち、部屋を暗くして睡眠環境を整えましょう。バナナ、チーズ、ヨーグルトなどの食べ物は、睡眠に誘いやすくするセロトニンを作るので、「なかなか眠れない……」という悩みに有効です。

(4)長時間のスマホ・PC操作・座りっぱなしの姿勢をしない

いくら白髪改善に良い食べ物を摂っても、長時間のスマホや座りっぱなしの姿勢などで血流が悪いと、髪に栄養がしっかり届きません! また、全身の血流が悪いと、アンダーヘアが白髪になることもあるため、定期的に、屈伸や肩回しなどを行って、血流を促すことを忘れずに。

(5)体の冷えを改善し、血流を良くする

体の冷えは放っておくと、長時間のスマホなどと同様、血流を悪くします。冷えを改善して血流を良くするにはカイロや腹巻きなどで、腹部や腰を温めると良いです。

(6)ストレスを溜めない

ストレスも体をガチガチに緊張させて血流悪化を招きます。ストレス解消法としては適度な運動、仕事や家事の合間の休息、気持ちの切り替え、適度な入浴、薬指以外の爪もみなどがおすすめです。ただし、「あれもこれもやらなきゃ」と思うと、かえってそれがストレスになるので、ゆる~くやることも大切ですよ。

 

白髪を改善するには、上記の他にも、髪の分け目を変える、ヘッドスパを受ける、禁煙またはタバコの本数を減らすことも効果的なので、ぜひ、併せて行ってみてくださいね。

 

他にも色々マメ知識をこれからもお伝えしていくので是非☆

それでは!!     小泉陽平

夏の化粧崩れを防ぐ方法☆

こんにちは!

ケアリストの桑田です!^^
8月になってから、毎日暑くて

汗もアブラも止まりません。。

そのせいでお化粧崩れが早いこの季節…

女性にとっては大問題ですよね!
そこで今日は、夏の化粧崩れを防ぐ方法を

お伝えしようと思います!😊
まず、スキンケアはきちんとしましょう!

化粧水がしっかり肌に浸透するまで

乳液はつけちゃダメです!!

化粧水はしっかりパッティングして

浸透させましょう。
また、保湿させようと美容液も乳液も…

なんてあれもこれも重ねるのもNGです。

ただでさえ皮脂の分泌が激しいのに、

脂をたくさん重ねてはいけません。
スキンケアが終わったら、普段通りにお化粧を…

ここでもポイントがいくつかあります。
ベースメイクは薄く仕上げましょう!

ベースメイクの厚塗りも、化粧崩れの原因です。

その代わりにおしろいは気持ち多めに❣️
こうすることで、この時期特有の

ドロドロした化粧崩れは防げます!
また、化粧直しにもルースパウダー(おしろい)

が活躍してくれます!☆
お化粧方法を少しだけ変えて、

この夏を乗り切りましょう!

今日は、、、

こんばんは☆
最近、、、

いや、いつもじゃんけん弱い

ケアリスト2日目土山です!
今日は、、、、

制定されてから初めての山の日です!

みなさん、山の日の由来となぜ8月11日なのか
ご存知ですか?
私も知らなかったので調べてみました☆

山の日が出来た由来は、、、
「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ということみたいです。

実は国民の祝日ではないのですが、地方自治体が山の日というのを制定していて

・群馬だったら10月の第1月曜にぐんま山の日
・大阪であれば11月第2土曜におおさか「山の日」

と、そもそも山の日というものは元々あったみたいです。
そして日本山岳会をはじめとする全国「山の日」協議会加盟諸団体や地方自治体、自然保護団体の意見を聞いて
山の日が制定されたというわけです。
山の日はなぜ8月11日に?

山の日は海の日と違いハッピーマンデーの対象の祝日ではありません。
(海の日は2003年から7月第3月曜日)

なぜ8月11日からにしたのかなと疑問に思ったのですが明確な理由は記載されておりません。
その事からもお盆休みの経済効果を狙った事が理由の一つかなと思っています。

山開き自体は6月が多く6月1日にしようという案も出たのですが登山のシーズンとしては夏~秋の初め。
(ちなみに富士山の山開きは7月1日、山じまいは8月26日)

また11日にしている理由は木が立ち並ぶイメージからだとか。
若干こじつけの感もありますが、日付を決めるのにも色々と考えられているという事がわかります。

上記2つの事から8月11日に制定したとされています。

2016年のカレンダーについて周りにうかがったのですが12日(金)も休みにする会社も多々あり連休が例年より多い傾向にありました。
(傾向なだけで金曜に出勤される方もいましたが)

とういう説があるみたいです!

他の祝日も色々調べると
面白いかもしれません(^^)☆

夏にぴったり☆

こんばんは☆

ケアリスト2年目土山です(^^)

連日夏らしい陽気で汗ばむ日々が続いてますね(>_<)
!?!?
頭皮、、、、

ベタつきませんか!?

そこで今日は夏のベタつきを

すっきりさせてくれる

『炭酸』についてお話ししたいと思います!

少し前から「炭酸美容」も流行り始めました。
そもそも炭酸はなぜ良いのか

みなさんご存知ですか?

炭酸とは水の中に二酸化炭素(炭酸ガス)が溶け込んだもののことを言います。

炭酸の特徴として水に溶けた炭酸は分子が小さく、肌に浸透しやすいです。

また血行促進により新陳代謝が活発になるのも特徴の一つです。
皮膚に炭酸が浸透

              ↓

血管の中の二酸化炭素濃度上昇

             ↓

体は酸素不足!?と判断

             ↓

毛細血管が広がって血流が増える。

             ↓

血行が良くなることで肌や頭皮の細胞に

栄養・酸素が十分に行き渡る

             ↓

新陳代謝が良くなる!

といったメカニズムになっています。

新陳代謝が活発になると肌のターンオーバーが整えられます。

老廃物の排出も促進されることによってしっかりと栄養が行き渡るようになることで

肌や頭皮に本来備わっているうるおいを保つ機能もアップします。

炭酸は、元気な肌や頭皮を作る手助けをしてくれるのです!

また、炭酸には、皮脂、古い角質といったタンパク質に吸着しやすい性質もあり

洗顔やシャンプーの時に、肌や頭皮の汚れをしっかりと落としてくれる効果があります。

ということは頭皮のベタつきの原因である皮脂をしっかり落とせるのです!
化粧水や美容液、頭皮の保湿剤などで肌や頭皮をケアする前に

炭酸効果できちんと汚れ落とすことで、

化粧品やトリートメントの効果を得やすい肌や頭皮、髪を整えることにつながります。

ポルトでは炭酸を使ったメニューを多数取り揃えております!

今月イチ押しは『炭酸スパ』!!

炭酸シャンプーを使ったヘッドスパです!

炭酸泉も一緒に使うとなお効果的☆

頭皮すっきりして夏を乗り切りましょー!!

まさかの!?

こんばんは☆
またまたケアリスト2年目土山です!
今日はなんとまさかの!

全員ボーダーコーデ!
決して狙ってたわけではございません!
店長籠本さんもボーダーだったのですが

ミーティングのため写真には写れず、、、
そんな仲良しなポルトです(^^)
明日も午後は若干ご予約空きがございます!
皆さまのご来店お待ちしております(^^)

初めまして!

こんばんは☆

この度8月から都立大学に

異動してまいりました

ケアリスト2年目の土山です!
スタイリストの下村さんと

一緒に元住吉店から来ました!

都立大学のことはまだまだわからないので

色々教えてくださると嬉しいです!
ちなみに私の得意な技術はヘッドスパ・マッサージです☆

皆さまこれからよろしくお願いします(^^)

マメ知識パート7!!!!!!!

こんにちは!小泉です♪

今日はまたマメ知識をお伝えしたいと思います。

今日はシャンプー・リンス・トリートメントの役割について簡単にご説明しようと思います。

シャンプー・リンス・コンディショナー・トリートメントなど、髪を洗うだけでも、実に様々なヘアケア商品があるものです。しかし、「シャンプーの役割は?」「リンスとトリートメントは何が違うの?」などと聞かれたとき、きちんと答えられる方はそう多くないのではないでしょうか。

綺麗な髪を手に入れるためには、まずそれらの役割を知り、適材適所で使い分けていくことが大切な一歩。身近なヘアケア商品を、きちんと理解していきましょう。

 

・シャンプーの役割

シャンプーの役割は、単に髪の毛についている汚れやホコリを落とすだけではありません。

髪の毛に隠れているため、普段はほとんど見る機会がありませんが、実は人間の頭皮には、顔のTゾーンの3倍もの皮脂腺が存在しているのです。

当然、その皮脂腺からは、毎日皮脂が分泌されています。その皮脂を放置すれば、毛穴がふさがり、そうなれば、顔と同じように肌トラブルを起こしかねません。ですから、シャンプーの一番の役割は、健康な頭皮の状態を保つため、頭皮についた皮脂を落としてあげることだと言えるでしょう。

また、乱暴に爪をたてて頭皮をこするなど、間違った頭皮の洗い方をすれば、頭皮の水分が過剰に失われ、炎症などのトラブルを引き起こすことにもつながるので、シャンプーを使うときは、その洗い方にも十分注意しましょう。

 

・リンス・コンディショナーの役割

メーカーによって、「リンス」、「コンディショナー」などと呼び名が変わりますが、一般的には、どちらも髪の表面に保護膜を作ることを目的として作られています。

髪に保護膜を張ることで、外部からの刺激に強くなるだけではく、髪のすべりがよくなり、パサつきも抑えることができます。見た目や触った感触も良くなりますので、たいてい、シャンプーを使ったあとは、リンスやコンディショナーを使う方が多いのではないかと思います。

最近は、リンスやコンディショナーの中にも、このあとに説明するトリートメントと同じような効果を持つものも多く存在しますが、それらのトリートメント成分を含むリンスは、髪の表面だけでなく、内部にまで浸透するので、髪の毛のダメージを補修する効果があります。

 

・トリートメントの役割

トリートメントは、髪の毛の内部に成分を浸透させ、髪の傷みを補修したり、うねりやハネを抑えられるよう髪の質感をコントロールさせたりするような効果があります。最近では、メーカーによっては『ヘアパック』と呼ばれる商品も出ていますが、これも、基本的にはトリートメントと同じ役割です。

トリートメントはダメージを補修することを目的としていますが、リンスやコンディショナーと同じように、髪の表面に保護膜を作る効果のあるトリートメントも多く存在します。

ですから、以前のようにシャンプー、リンス、トリートメントのすべてを使わなくても、シャンプーとリンス、もしくはシャンプーとトリートメントだけで、シャンプー、リンス、トリートメントの持つ3つの効果を得られることができるのです。

 

いかがでしたか?文字じゃわかりにくいとゆう方は是非当店に来て下さい!!

トリートメントソムリエがしっかり教えます!!

それでは!!                   小泉陽平