マメ知識パート10!!!!!!!!!!

こんにちは!小泉です☆やっと涼しくなってきましたねぇ~!!

今日は久しぶりにマメ知識をひとつ…

ツヤツヤの天使の輪がある美しい髪は皆の憧れ。温泉旅行やジムのプール通いで色が抜けてしまった髪にもう一度あの時のツヤを!実はカラーリングで手に入るんです!カラーリングって髪が傷むだけと思っていませんでしたか?技術は日進月歩するんですね。当店ではカラーしながらプラチナのような輝きまで今は手に入るんです!!

 

<カラーリング技術は日々進化している!>

カラーリングはあの嫌なニオイが苦手で敬遠している方も多いのではないでしょうか?

実はそのニオイですが、近年はグンと激減しています。

市販のヘアカラー剤にはどうしても含まれてしまいますが、ヘアサロンで施術する場合はかなり軽減したモノや、天然由来の成分を使ってカラーリングもありますから事前に相談してみて下さいね。

頭皮への負担もずっと軽くなっています。

カラーリングと聞いてまず思い浮かべるのは髪の毛に薬剤を塗って行く作業を思い浮かべませんか?

セルフカラーでもあるように、2つの薬剤を使ってカラーリングしていきます。

まずは少しトーンを上げて(脱色したり必要な色を抜いたり)それからヘアカラーを髪に入れていきます。

キューティクルに埋め込んで行くイメージでカラーリング材を髪に入れ、そこから熱を加えることによって数時間化学反応を起こし続けて髪の色が変わるのです。

なので、サロンから帰宅しても髪の毛の内部では色を変える為の化学反応がまだ続いています。

それもあってあの特有のニオイが数時間続くのです。

 

<  カラーリングは今や色を変えるだけのものでは無い!>

PPT剤を使って施術したヘアカラーはプラチナの光のようなツヤ感があることから「プラチナカラー」と呼ばれています。

プラチナカラーのメリットは?

プラチナカラーは美しいツヤは勿論のこと、髪の内側からトリートメントしていますので、カラーリングが長持ちするだけではなく、今までパサパサになりがちだったハイトーンのカラーリングにも美しいツヤを与えることができるようになりました。

髪の表面をコーティングしているのではなく、髪の内側からツヤ感を出していますので、カラーが落ちると共にはがれて行く今までのカラーリングとは全く別のものと考えて下さい。

 

<市販のプラチナカラーとヘアサロンのプラチナカラーの違いは?>

ずばり、「もち」が全然違います。

そして、薬剤の強さも違いますので、髪へのダメージも違います。

薬剤の強さは市販剤≧ヘアサロンです。

セルフカラーリングは髪の表面にカラーリングしてツヤを出す為1ヶ月位で色やつやが抜けてしまうこともあります。

その点、ヘアサロンのプラチナカラーは髪の中にヘアトリートメントやカラーリングを働きかけていますので、色・ツヤの「もち」は全く違います。

また、本人の髪質によってカラー剤を変えていますので、色ムラなどの失敗が少ないです。

 

< プラチナカラーを維持するには?>

折角長い時間をかけてキレイに仕上がったカラーリングなので、できるだけ長持ちさせたいですよね?

洗い流すシャワーの温度は38℃位のぬるめのお湯にすると、キューティクルが開き切らないので色落ちが少なく傷みも出にくいです。

いかがでしたか?

ヘアカラーは日々進化しています。

是非プラチナカラーを使って輝くモテヘアーを取り戻しましょう!!

 

それでは!

小泉陽平

http://porte.tcspace.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です