ケアしましょう!!

こんにちは!小泉です。気を遣っているはずなのに、気づいたら髪の毛がパサついていたり、ゴワゴワまとまりにくかったりしていませんか?乾燥した髪は、ヘアスタイルも思うように決まりません。実はあなたの習慣が、髪が乾燥している原因なのかもしれませんよ。髪の毛は女の命!潤ったツヤツヤの髪の毛を、今すぐ取り戻しましょう。

考えられる乾燥の原因...冬は髪は乾燥している

 

冬場など寒い季節になると、乾燥して喉が痛くなったりしますよね?
髪も同じ状況です。

冷たい外気に触れた後に暖かい室内に入ると、その温度差が髪を傷める原因にもなりますよ。
特に冬は髪が乾燥する時期なのです。

 

シャンプーは泡立てている?

シャンプーをしっかり泡立てて洗わないと、髪の毛がこすり合う状態になり、キューティクルがはがれてしまうかも。
キューティクルを傷めると、そこから毛髪の栄養素や水分が抜け出て、乾燥の原因になるのです。

 

ごしごしふいていない?

 

濡れた髪の毛は、キューティクルが開いていてダメージを受けやすい状態。
そこをタオルでごしごし強くふいてしまうと、髪の毛がこすり合ってキューティクルが傷ついてしまいます。

まとめてギュっと絞るのもNG。

 

ドライヤーやアイロンをあてすぎていない?

濡れたままの髪の毛は傷みやすいですが、ドライヤーやアイロンをかけ過ぎてはダメですよ。
髪に必要な水分まで飛ばし過ぎてしまうからです。

またキューティクルは熱に弱いので、長時間熱をあてるのは禁物。

 

自然乾燥させていない?

熱でキューティクルを傷めないようにとドライヤーなどを使わず自然乾燥、と行きたいところですがこれもNGです。
濡れている状態が最も髪がダメージを受けやすく、濡れたままで寝るなんてもってのほかですよ。

栄養不足や血行不良

ケアをしっかり行っているのに乾燥する方は、栄養不足か血行不良が原因かもしれません。
髪の毛も体の一部。
栄養状態が悪かったり、血の巡りが良くないと、髪の毛の乾燥に繋がる場合があります。

髪の毛の乾燥対策

加湿器で髪にも潤いを

乾燥する冬場はぜひ加湿器を活用しましょう。
インフルエンザ対策や、肌の乾燥予防のために加湿器を使っているという人も少なくないと思います。
加湿器は乾燥した髪にも効果がありますよ。

 

シャンプーする際は泡で洗う

髪の毛がこすれないよう、しっかりと泡立ててから洗髪します。
髪の毛をとかしておくと絡まらずに洗えますよ。

シャンプーのし過ぎは必要な皮脂まで落としてしまうので、汚れが気になる時はしっかりすすぎましょう。

 

タオルドライは優しく

キューティクルを傷めないように、優しくタオルドライすることが大切。
頭皮をタオルで包み、揉み込むように水分を取ってください。

その後頭皮から髪の先にかけて、タオルで挟むようにしながら水分を取ります。

ドライヤーは乾く一歩手前で

髪の根元にあてる感じでドライヤーを使って乾かしていきましょう。
髪の毛に熱が伝わり過ぎないよう、ドライヤーは20cm以上離すことが鉄則ですよ。
少し水気が残る程度、完全に乾かさないくらいがベストです。

 

トリートメントを活用

ドライヤーで水分を飛ばし過ぎないために、乾かす前に洗い流し不要のトリートメントを使うことも効果的です。
保湿効果がありオイル成分でコーティングしてくれるので、水分が失われにくくなりますよ。

 

髪を元気にする食べ物

栄養バランスのとれた食事は髪にも大切。
食事に油脂が足りないと、髪の毛の乾燥にも影響してきます。
不飽和脂肪酸を多く含んだマグロやイワシ、ごま油やオリーブオイルなどの植物性油脂をとるように心がけましょう。

 

いかがでしたか?

髪の毛の乾燥の原因から対策までをご紹介しました。
スキンケアと同じように、髪の毛も毎日のケアが大切です。

髪の毛が元気で潤っていると、色々なヘアスタイルにチャレンジできますし、毎日のセットもスムーズにいきますよ。
髪の毛の乾燥対策をしっかり行って、美髪を保ちましょう

 

それではまたです!!

 

Porte      小泉陽平

家でのケアって?

こんにちは!小泉です!連日言い続けてますが乾燥した空気が続いていますね。

外出していても外の空気が乾いていますし、地下鉄やオフィスの中などは暖房で乾燥気味。

そんな時にダメージを受けるのは肌だけではありません。

爪や髪も同じく乾燥にとても弱いのです。

特に髪はすぐに乾燥 で広がりやすくなり、水分が失われた分だけツヤもなくなりがち です。

今日はすぐに家でできる、ツヤのある髪を取り戻す2つのポイントをご紹介します。

 

(1)スチームタオルでトリートメントをじっくり染み込ませる

お風呂に入ってシャンプーをした後、時間があればスチームタオルを試してみてください。

ラップに十分湿らせたタオルをたたんで包み、30秒から1分ほど熱します。

この時、レンジの機能によっても過熱する時間が違いますので、注意してくださいね。

それをお風呂に持ち込み、トリートメントを髪全体に塗った後にそのタオルで髪を巻き、10分程度湯船につかります。

トリートメントをしながら髪を温める ことで、浸透が良くなり、トリートメント効果が上がりますよ。

終わったらいつも通りにトリートメントを流してください。

 

(2)ドライヤー前にオイルをなじませる

髪がダメージを受けるのはドライヤーによる熱風です。

これを防いでくれるのがオイルトリートメントです。

ポイントは乾かす前の濡れた髪になじませること 。

髪が乾く前につけることで、オイルが膜となり、髪から水分が逃げていくのを防いでくれます。

この時注意するのは、オイルを髪の根元までつけないこと。

必ず髪の半分から毛先の方へなじませてください。

あまり根元につけてしまうとべたつきや地肌の炎症、毛穴のつまりにつながってしまいます。

オイルをなじませ、普段通りに乾かすことで、いつもとは違う指通りに仕上がりますよ。

いかがでしたか?

ツヤのある髪は美しいだけではなく、イキイキとした印象を与えてくれます。

ぜひ毎日のお風呂ケアの時間に取り入れて、健康的で美しい髪を手に入れてくださいね!

 

それではまたです!            小泉陽平

ヘッドスパって?

 

こんにちは!小泉です!!皆さん乾燥に季節ですが頭皮の乾燥はどうですか?今日はヘッドスパについて少しお話したいと思います。

 

ヘッドスパと聞くと、どのようなイメージを思い浮かべますか? トリートメントや頭皮洗浄を想像する方も多いと思います。しかし実はヘッドスパは、髪へのアプローチ以外にも顔のリフトアップなど、様々な効果が期待できるんです。

そこで今回はヘッドスパの効果についてご紹介します。

 

■ヘッドスパはアンチエイジングに効果的!

ヘッドスパはインドの伝統的医学“アーユルヴェーダ”の考え方に基づいて、日本独自に改良した技術とされています。今回は特に期待できる4つの嬉しい効果をご紹介します。

(1)コリがほぐれて、フェイスラインが上がる

頭の筋肉と顔の筋肉は繋がっています。頭のコリをほぐすことで血行が促進され、頭皮の筋肉が弾力を取り戻し、顔の皮膚を引っ張りあげてくれ、顔のシワやたるみが減り、リフトアップに繋がります。また血行もよくなり、“むくみ”や“くすみ”も解消されます。

 

(2)血行がよくなり、育毛促進

毛穴に詰まった余分な汚れを取り除き、頭皮を適度にマッサージすることにより血行がよくなります。そうすることで髪の毛1本1本にしっかりと栄養が届けられるため、太くしっかりとした髪に成長しやすくなります。

 

(3)汚れがとれて、日々のケアがより効果的に

頭皮や髪の毛の余分な汚れをしっかりとクレンジングすることで、トリートメントがより効果的になります。顔もクレンジングするように髪も定期的にクレンジングすることで日々のケアがより効果を発揮できるようになり、美髪へ近づくことができます。

 

(4)心身ともにリラックス

ヘッドスパのマッサージにより、硬くなったコリをほぐし、疲れの原因であるリンパをスムーズに流し、コリや痛みの原因となる老廃物を排出させます。また、香りやマッサージなどで脳をリラックスさせてくれる効果もあります。

 

いかがでしたか? ヘッドスパは忙しいオトナ女性こそ取り入れてほしいスペシャルケアです。続けることで日々のケアがより有効になり、美しさの底上げができます。

最近ではカットをしなくてもヘッドスパだけでご来店されるかたも増えているので、「なんだか疲れたな」「リフレッシュしたい!」というときは是非お越し下さい!!

 

それではまたです☆

 

Porte     小泉陽平

日々是鍛錬17

こんにちは。

最近、スムージーにハマってます。

そんな健康的スタイリスト下村なのですが

先日、スタジオを借りて

その場でカラーを施し、メイク、セットをして撮影をさせていただきました。

こんな感じのカジュアルスタイルです。
ヘアスタイルはいつもの三段巻きがインナーカラーのところを外ハネにしました。
コテは持ってるけどスタイリング方法わからない方は下村まで!
簡単スタイリングの方法伝授します!

知っておいた方が良い事...

どーも、小泉です!!最近よくブログを書かせてもらってます。

今日はちょっと知っておいた方が良い事をお伝えしたいよ思います。

 

「髪は女の命」という言葉があるように、いつの時代もヘアケアへの関心は高いようです。数多くのヘアケア製品がありますが、自分にあったものを選ぶことは、髪と頭皮の健康に大切なこと。また、いくら高級なものを使っても、間違った方法では、逆にダメージになることも…。

 

■知っているようで違っている? シャンプーの手順

1. 髪をぬらす前にブラッシング

ブラッシングの目的は、髪についたほこりや軽い汚れを落とすこと。このひと手間で、シャンプーの泡立ちが良くなり、頭皮の汚れや皮脂がとれやすくなります。髪を無理に引っぱったり、頭皮をがりがり刺激したりしないよう、ご注意を。

2. ぬるま湯で汚れを洗い流す

ブラッシングで浮きあがった汚れを、ぬるま湯で洗い流します。このとき、頭皮もしっかりと洗い流すことで、汚れの半分以上は落ちるのです。

3. シャンプーは、てのひらでよく泡立てる

頭皮も、顔と地続きの「皮膚」。洗顔料と同じように、シャンプーも、てのひらでよく泡立ててから使いましょう。よく泡立てることで、毛穴に洗浄成分が届きます。

4. 頭全体を、優しく手早くマッサージ

指の腹を使って、頭全体をマッサージします。ボールを握ったときの手の形で、ジグザグ小刻みに。次に、クルクルらせんを描くように、頭皮全体をほぐします。爪を立てると頭皮を傷つけるので、優しく手早くを心がけましょう。

5. シャンプーを洗い流す

シャンプーの成分が残っていると、髪や頭皮のトラブルにつながります。念入りにすすぎましょう。

6. トリートメントは、頭皮につかないように

シャンプーを洗い流したら、タオルで髪を軽くふいて、トリートメントをつけていきます。トリートメントの目的は、髪の表面に油膜をはって、ツヤを出すこと。油分で頭皮の毛穴がふさがれると、かゆみや湿疹(しっしん)などのトラブルにもつながります。頭皮ではなく、髪の束にもみこむようにしましょう。洗い流すときは、ゴシゴシこすらず、髪をなでるように。頭皮用のトリートメントはしっかり頭皮につけて問題ありません。

■覚えておきたい頭のツボとは

頭のコリは、顔のたるみにも影響があるそうです。マッサージのときに、頭のツボも、ちょっと意識してみましょう。

 

1. 頭の頂点 百会(ひゃくえ)

左右の耳の一番高いところから、頭の頂点に向かって伸ばした線の交わるあたり。これが百会の目安です。

「万能のツボ」とも呼ばれるツボ。頭皮の代謝を高め、自律神経を整える働きがあるといわれています。

2. 耳の上 角孫(かくそん)

耳の上の髪の生え際あたり、少しくぼみを感じる部分が、角孫の目安です。頭部の緊張をほぐし、血行を促すといわれています。

3. 後頭部 風府(ふうふ)

後頭部のでっぱりの下あたり。首の真ん中を下から上にたどり、少しへこんだ部分が、風府です。こちらも、頭部の緊張をほぐすツボです。

 

いかがでしたか?もし宜しければ参考にしてみて下さい!!

 

Porte         小泉陽平

先日の撮影 〜外ハネウェットボブ〜

こんにちは!
美容室ポルト都立大学店の店長カゴモトです!

先日スタイル写真の撮影をしました!

お店でもまだまだ外ハネボブが人気です☆

今回のスタイルは外ハネボブをウェット感をプラスして仕上げました^_^

束感を出して重すぎない雰囲気にするのがオススメですよ!

カラーはグレージュで透明感を出してウェットな毛束感にも合うようにしました。

モードな雰囲気も出せるので幅広い方にオススメです!

是非チャレンジしてみてください^_^

Porte都立大学店   店長    籠本勇太

ホームページはコチラから↓↓

http://porte.tcspace.com/sp/

乾燥...乾燥...また乾燥...

こんにちは!小泉です!!ブログ連投失礼します!!連投するには意味がある!!

そうなんです今は一年で一番乾燥する季節なので余計に気をつけて欲しいんです!!

皆さん、ドライヤーちゃんと使えてますか?今日はそんな情報です。

 

 

■髪を乾かすのはNG!?頭を乾かす時は地肌を乾かすのを意識して

お風呂上がりにドライヤーで頭を乾かす時にやってしまいがちなことは「髪を乾かす」こと。一見何が間違っているのか分からないと思いますが、実は私たちスタイリストは髪を乾かしているのではなく、‘‘地肌”を乾かしています。地肌を乾かすことでオーバードライを防ぎ、根元を立ち上げて髪をふわっとさせることができるんです。痛みを軽減させることができ、後のスタイリングに大きな差が生まれてきますよ。

 

■ヘアオイルは毛先から

さまざまなメーカーからたくさんのヘアオイルが販売されているので使用している方も多いと思いますが、意外と正しい使用法を分かっていない人もいらっしゃいます。

髪の表面や根元からつけてしまいベトっとした髪になってしまう、スタイリングしにくくなるという方は、付け方が間違っています。

正しい付け方はオイルを2プッシュ(セミロングくらいの長さ)し、両手で手の指の間までオイルを伸ばします。そして髪の毛の毛先から付け、徐々に上へ向かってつけていきます。この時、表面の髪よりも内側の髪に意識してつけていくと付けすぎずに全体になじませることができます。

 

■仕上げはヘアミルクorヘアクリーム

スタイリングができたら、摩擦から髪を守るためにヘアミルクをつけておくと、ダメージや乾燥対策になり、静電気もおきにくくなります。

しかしヘアミルクやクリームは保湿力が高いので髪が重くなりがちです。特にコテなどでカールスタイリングをした際などはカールがダレてしまいがちなので、強めにカールをつけ、ミルクやクリームをつけるのは毛先だけにしておくとベストです。

ヘアワックスは保湿力よりスタイリング力が強いので、乾燥する時季はヘアミルクやヘアクリームの方がオススメです。

いかがでしたか? 乾燥するこの季節は肌だけでなく、髪にも大きなダメージを与えています。毎日少しだけ意識することで簡単に美しい髪を保つことができますので、ぜひ試してみてくださいね。

もっと色々聞きたい方は是非是非お店までお越し下さい!!

 

Porte       小泉陽平

老化の話をします。

こんにちは!小泉です。寒いですね...乾燥しますね...寒いとお肌・髪乾燥も乾燥しますよね?お肌の乾燥を感じてる方は実は頭皮を乾燥してるんです!!頭皮も同じ皮膚なのでどこかが水分足りてない時は同じ様に水分が無くなり乾燥するんです。

今日の本題は『老化』です。髪・頭皮老化し始めると皆さん色々実感すると思います。実は頭皮も同じ様に老化してしまいます。今日はその話を少ししたいと思います。

 

[頭皮の老化を招く4大原因とは?]b096edc82d35e4988dcf7df8c31787e5[1].jpg

頭皮の老化は、薄毛や抜け毛の原因になります。頭皮の老化を招く4大原因は下記です。

1. 血行不良

頭皮の血管は内的、外的なさまざまな要因にさらされやすいデリケートな器官です。血流が滞ることによって、毛細血管から毛根部に運ばれ、髪の成長を助けるはずの栄養が十分に行き渡らなくなってしまいます。

2.過剰な皮脂分泌

頭皮が蒸れ、過剰に分泌された皮脂は毛穴に詰まります。毛穴を塞がれると頭皮は呼吸ができずに、髪に必要な栄養や新鮮な酸素を供給することができなくなります。薄毛、脱毛のもっとも多い症状とされている、脂漏性脱毛症、男性型脱毛症、若年型脱毛症の大きな原因ともなっています。

3. ストレス

ストレス社会といわれる現代、その影響から逃れられる人はいません。過度なストレスは表面的には食欲不振・睡眠不足となって表れ、内部的には新陳代謝のバランスが崩れるなどの症状となって表れます。どれも薄毛、脱毛を促進してしまう要素です。

4.外的要因

ワックスやパーマ、ヘアカラーなど過度なヘアケアは髪そのものにダメージを与えますし、タバコの吸い過ぎは血管を収縮させて、血行不良の原因になります。また、睡眠不足や不規則な食生活は、内蔵の機能を低下させ脱毛の原因になります。生活も食事もバランスをとることを心がけましょう。

 

[頭皮老化を防ぐ!正しい頭皮ケアの手順]

頭皮は皮膚の延長線上にあり、皮膚と同様です。お肌はクレンジングをしっかりした後、保湿ケアをしっかりおこないますね。お肌と同様、頭皮も正しくシャンプーをしてから、保湿ケアをしましょう。正しい頭皮ケアが頭皮のアンチエイジングにつながります。

それでは、シャンプーからドライヤーで髪を乾かすまでの正しい手順を見ていきましょう。

1.    髪を濡らす前に、手ぐしで毛髪全体をやさしくとかし、自然脱毛している毛髪をやさしく取り除きます。

2.    シャワーを流しながら指の腹を使い、なにもつけない状態で頭皮・毛髪全体をしっかり洗い流します。

3.    シャンプーを適量とり、手にひろげたら毛髪の表面でやさしく泡立てます。

4.    全体に泡がたったら、指の腹を使い頭皮をマッサージしながら洗います。

※洗い順は『生え際』から『つむじ』に向けて洗うのが基本です。

前頭〜つむじ/こめかみ〜つむじ/耳うしろ〜つむじ/うなじ〜つむじ の順番です。

5.    頭皮をしっかり洗ったら、泡でやさしく毛髪表面の汚れを取り除きます。

6.    シャワーで頭皮にぬめりが残らないように、毛髪全体をしっかり洗い流します。

7.    コンディショナー(リンス・トリートメントなど/以下同じ)を手に取り、毛髪の中心部分から毛先にかけて、もみこむように塗布します。

※コンディショナーは毛髪に対してケアするものです。頭皮には付けないでください。

8.    シャワーで頭皮にぬめりが残らないように、毛髪全体をしっかり洗い流します。

9.    タオルドライで頭皮の水分をしっかりぬぐいます。

10.    ドライヤーの温風を頭皮にあて、やさしくマッサージしながら頭皮を乾かします。

11.    毛髪をかきわけながら、*頭皮用ローション(保湿・育毛タイプ)を頭皮全体にマッサージするように塗布していきます。

12.    最後にドライヤーの冷風を頭皮・毛髪にあてて全体を落ち着かせたら終了です。

皮膚(肌)は目に見えている部分なので、老化防止のためにもお風呂で清潔にした後のスキンケアなど日常的におこなっています。頭皮は毛髪に覆われていて、見えていない部分なので、ほとんどの人がスカルプケア(頭皮ケア)を日常的におこなっていません。

スキンケアではお肌の乾燥が老化を促進します。スカルプケアでも乾燥防止を心がけましょう。

頭皮用ローションを使うことで、頭皮を整え、本来の自然な頭皮状態にし、毛髪も育てます。ただし、頭皮の保湿目的で使用するローションはアルコールが使われていないものを使いましょう。アルコール添加のものだと、アルコールの揮発が頭皮の水分も一緒に奪ってしまう場合があるからです。

健康美髪生活はスキンケアと同様に毎日のケア習慣化が大切です。生活習慣の見直しや頭皮ケアをしっかり行って行くことで改善をすることができます。いつまでもきれいなお肌と美髪を保てるように心がけましょう。

 

いかがでしょうか?今日はこの辺りで!また次回です。

 

Porte     小泉陽平

ツヤツヤヘアー☆

こんにちは!

ポルト都立大学店のケアリスト桑田です。
先日、前にカラーモデルをやってくれた方が

トリートメントをしにきてくれました!
毛先は3回ものブリーチが施されています、、

ロングヘアで、元々絡まりやすい髪質だそうです。
じっくりカウンセリングして、

いざ施術!

潤いとツヤが復活しましたー!
冬のダメージもオージュアでケアしましょう!

http://porte.tcspace.com/sp/